携帯副業中級者が抱える5つの悩みって?知られざる世界教えます

はじめに

携帯副業を始めたばかりの方、また中級者になって久しい方に向けて今回は記事を書きたいと思います。

携帯副業中級者が抱えるといわれている5つの悩みをご存知でしょうか?

初心者の人はもちろん、中級者であってもなかなか自覚することができないその悩みは解決せずに放おって置くと思わぬ事態を引き起こすきっかけになったりします。ここでは5つの悩みと、それを解決するためのヒントをお教えします。

1.収入が増えない

中級者の人が無意識化で抱えている悩みの一つがコレです。

収入が増えない、どうやってこれ以上増やしたら良いか分からない…自覚していなくても常にこの悩みと携帯副業中級者は戦っているのです。

この悩みを放置しておくことはモチベーションの低下にもつながりますので、早めに解決してしまいたいところ。

この悩みを解決するにはとにかく自分の収入に対して自信をもつことが必要になります。収入を増やしても解決するのですが、そんなに簡単に収入は増やすことができません。まずは今の自分に一度満足するよう心がけることをオススメします。

2.承認欲求を満たしたいという悩み

携帯副業にかぎらず、副業を営んでいる人の殆どが抱えるこの悩みですが、とりわけ携帯副業の中級者には抱えている人が多いように感じます。

パソコンを利用した副業に比べて、どこか劣っているというイメージを勝手に抱き自らの承認欲求と戦っている人が多いのです。

承認欲求を満たすことは簡単なことではありません。どれから人から必要とされ、認められていたとしても自分で納得できなければそれは一生満たされることがないからです。承認欲求に悩んでいるのであれば、一度携帯副業を始めた本来の目的を思い出してみてはいかがでしょうか?

人から認められたくてソレを始めた理由ではないはずですよ。

3.本業との兼ね合いについての悩み

携帯副業にのめり込めばのめり込むほど、
本業との兼ね合いで悩むことになります。この先も副業として営んでいくのか、それとも本業とって変えるのか…。

本業で関わっている人たちに副業を営んでいることがバレたらどうしよう等、本業を営む以上避けては通れない悩みが目の前に立ちふさがるはずです。

もしもそうなった時私がオススメしているのは一旦携帯副業をやめてみるということです。完全にやめるのではなく一定期間休んでみるのです。

おそらくその状態でもあなたの生活は成り立つはずですし、それほど携帯副業が大きなファクターではないということに気がつけるのではないでしょうか?携帯副業と本業の兼ね合いで悩んだら迷わず携帯副業の方を切り捨てるべきなのです。

4.自らの欲求で悩む

一つの携帯副業に慣れてくるとだんだんと欲が出てきます。もっと稼ぎたい欲、もっと知りたい欲、人に認められたい欲などです。

最初はその携帯副業を営むことで精一杯だったにも関わらず慣れてくるとそれら欲と戦わなければならなくなるのです。

上で紹介した承認欲求や収入を増やしたいという欲求もこれに該当するといってよいでしょう。上で紹介している欲求に関する悩みは最も代表的なものです。

さて、この悩みに対して携帯副業の上級者はどのように対応しているのでしょうか?彼らはこれらの悩みを完璧に克服した超人なのか?いいえ、そんなことはありません。彼らだって常にこの悩みと戦っています。

闘いながら携帯副業を営んでいるのです。悩んでも仕方ないものは仕方ないと割り切り、どこかで線引する必要があるというわけですね。

5.税に関する悩み

これは携帯副業初心者の人には全く関係の無い話かもしれません。

携帯副業に慣れ、稼ぐことが出来るようになってくると必ずと言っていいほど直面するこの悩みはとても切実なものです。必ず収めなければなりませんが、納めれば本業で関わっている上司や同僚に携帯副業がバレる可能性があるため出来ればこっそりと収めたいというのが本音です。

この悩みを完璧に解決するには正しい専門知識が必要になります。それはここで数百字レクチャーを受けたからといって身につくものではありません。自ら率先して勉強しなければ身につかない知識です。

この悩みを解決する唯一の方法はただ一つ、
勉強するということなのです。

まとめ

携帯副業中級者が抱えやすい悩みを5つ紹介させていただきました。まだ関係無いと思っている初心者の方はいずれ抱えることになる悩みですので頭の隅に記憶しておきましょう。

また、今はこのような悩みを抱えていないと思っている中級者の方は無意識化の内に既にこれらの悩みを抱えている可能性があります。一度本当にこれらの悩みに悩まされていないか頭のなかを整理してみてはいかがでしょうか?

悩みは早期発見早期解決が最もベストです。この記事を参考に今抱えている悩みを全て撃退してしまいましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*